前回メタセコイアでドラゴンを作る 第3回(指、手)でパーツを作り終えました。
今回はパーツに模様を付けながら組み立てて行きたいと思います。

材質mat1にうろこ模様を設定します。
参考書添付のCDにあるうろこの素材を使います。
uroko-2
(解像度を落として載せています。)

dra16
材質のmat1をダブルクリックして材質の情報を開きます。
赤線部分に上記のうろこ模様を設定します。
dra17
表示ボタンで見る事も出来ます。

初期設定のすべての材質にmat1が設定されているので、
これを変更する事で他に材質を設定していない初期のモデルにこの材質が設定されます。

dra18
ドラゴンの爪までうろこ模様になってしまったため新しく材質を作ります。
クリーム色の材質を作りました。

爪部分を投げ縄選択しクリーム色の材質を設定します。
(SS撮り忘れました…orz)

dra19
作ったパーツを表示させてみます。
頭部分の大きさを揃えた所ですが、手や腕も大きさがまちまちなので揃えます。

dra20
目もうろこ模様になっていたので赤い材質を作り設定しました。

dra21
とりあえず組み立てました。
脚がないので腕を複製して作ります。

dra22
脚を作りました。
胴体や腕の模様がいまいち粗いのでもう少し細かくしてみたいと思います。

dra23
画面左上のモデリングメニューをマッピングメニューに変えます。
オブジェクトメニューから変化させたいオブジェクトを選んでおきます。
UV操作メニューの範囲を選びます。
背景に使用しているうろこ模様の平面図が表示されます。

dra24
全てを範囲選択すると構成している点と辺が選択色になります。
ドラッグして選択している点、辺を動かします。
拡大するとモデルの模様は細かくなります。

今回は細かくしたかったのでこれでよしです。
同じ要領で他のオブジェクトも調整します。

dra25
なんだか寂しかったので左手に球を持たせました。
ドラゴンのモデルの完成です。

dragon09
明るめの背景でレンダリングしてみました。(vidro使用)
分かりにくいですが目はガラス状、球は金属状の数値を入れてそれっぽくしてあります。

次回は…何を作るかまだ決めていませんが近々何か始めると思います。
全4回にわたりドラゴンを作ってきましたが、無事に完成させられてほっとしています。
説明足らずな部分もあるかと思いますが、お付き合い頂きありがとうございました。

関連記事
メタセコイアでドラゴンを作る 第3回(指、手)
メタセコイアでドラゴンを作る 第2回(頭部)
メタセコイアでドラゴンを作る 多分前編

更新情報をRSS配信しています。読者登録いかがですか?→こちら(無料)
画面がうまく表示されない時は更新ボタンを押して下さい。

ランキング参加してます。
気に入って頂けたらぽちっとお願いします。
にほんブログ村 デザインブログ 3DCGへ
にほんブログ村