ある時、自分には「悲しい」という感情が欠如しているように感じました。

大切な人、ものをなくした、飼っているペットをなくしたなど
一般的に「悲しい」と感じるような事象でも自分は何も感じないことに気付いてしまいました。
滅入る事はあっても悲しいと感じる事が出来ません。

以前可愛がっている魚が亡くなって「悲しい」と思った事もありますが
取って付けたようで無理やりそう思っているようにしか感じませんでした。
表向きだけで本心でそう思っているという事ではない感じです。

幼い頃祖母が亡くなり悲しかったように記憶していますが
それがどういう感情だったのか今では分かりません。

つい最近近くで痛ましい事件が起こりました。
その事件についても何も感情は動かされず、
見ず知らずの人が現場を訪れ花を供えて悲しんでいる様子が私には理解できません。

どうしてそんなに悲しむのか?


そもそも悲しいって何なのか?


きっと私の事を冷酷な人間だと思う人もいるでしょう。
多分自分でも冷酷なんじゃないかと思います。

おそらく、ですが今まで人間の汚い部分を見過ぎてきたから
感情が麻痺してしまったのかも知れません。
これ以上傷付かないように。

これからも私は悲しいとはどういうことなのか分からないまま過ごすでしょう。
いつか分かる日が来るのでしょうか…


にほんブログ村 イラストブログ ゲームファンアートへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村