前回の反省会です。

絵の内容は大いに反省しろ…という感じですが、
描いている中で気付いたことをまとめておこうかと。
ツイッターに画像出ちゃうので一旦表紙挟みます。

表紙

ちょっとロックマン風。



さておき、本題。

この前の絵ですが無意識になんとなく描いていたものが
よく考えたらとても重要な要素だったことに気付きました。

spider-48(オイルなし_700x700反省会用)

主に二箇所なんですが、一つ目。

帽子が割れてる表現の部分。
これは割れている部分の向こう側を描いたものです。
本当になんとなく描きましたが、これがないと立体感が出ないことに気付きました。

二つ目は隙間。
青いもの(何だか自分でもよく分かっていない)がなびいている部分の表現。
ここはなかなか上手く決まらなくて何度も描き直しした箇所です。
そんな中で出来た隙間。

この隙間、あるのとないのとでは躍動感が違います。

最終的な形に決まる前に隙間の効果に気付いたので、
修正の際には隙間は絶対に消さないようにしました。

やっぱり向こう側が見えると「何かあるんじゃないか?」と
探求心…ではないですが見る人に「続き」を思い起こさせるような気がします。


二つに共通するのは「向こう側」。

奥行って大切ですね。
平面の絵だからこそ、そこにあるはずのない「奥行」を持たせるのって
難しいけど腕の見せ所なのかなぁと思ったりします。

もちろん私もまだまだです。


主役をきっちり描くのは重要ですが
その周辺のモチーフが持っている効果をどうやってうまく引き出すか、
とても勉強になった作品だと思います。

またぼちぼちと描くと思います。
楽しく勉強ができて上達できたら最高ですね!


それでは皆様ごきげんよう(*´-`)ノシ