すっかりほったらかしてしまっていました、皆様いかがお過ごしでしょうか、鮎川凪です。 さて、ホームセンターの熱帯魚コーナーで水草を衝動買いしてしまってから 水草の面白さにすっかりはまってしまいました(笑) 底砂をソイルにして照明を明るくしたまでは良かったのですが、 CO2用品を探してネットの海を漂流…しかし本格的なセットは高い……。 水作やテトラの簡易CO2セットにしようかと思ったのですが 口コミを見たらランニングコストが結構かかることが判明。 o(-_-;*) ウゥム…どうしたものか。 そこで辿り着いたのが発酵式と化学反応式のCO2発生器でした。 発酵式はペットボトルに砂糖ゼリーを作りイースト菌を入れるというもの。 化学反応式は同じくペットボトルに重曹とクエン酸を入れてCO2を発生させます。 これらは材料費も安く小型の水槽ならこれで十分です。 発酵式と化学反応式のCO2発生器の作り方はまた後で別記事で書きますが CO2を発生させるまではできた。でもどのくらい発生しているかわからない。さてどうしよう。 そこでまたネットを漂流してバブルカウンターというものがあるのを知りました。 よし、作ってみよう♪ というわけで(前置きが長い)自作のバブルカウンターの作り方をご紹介します。 まず材料 c35c8fed.jpg 左から、旅行用の化粧水ビン、エアチューブジョイント2個、水作スリムチューブ、接着剤 (接着剤は本体のボトルがくっつけられて、充てん接着が出来るものが良いです) 4de1acb5.jpg エアチューブのジョイントはメーカーによって形に違いがあります。 後程形の違いに対応した作成方法を載せます。 使用道具 左から、リーマー、ハンドドリル(ピンバイスでもOK)、ドリル刃(直径3mm、2mm)、カッターナイフ それでは製作にかかります。 c0d923c1.jpg ボトルの蓋に穴を開けるための印を付け、2mmのドリルで下穴を開けます。 注)いきなり太いドリルで穴を開けようとするとドリル刃が引っかかって大変なので 面倒でも下穴を開けましょう。) a79fdd69.jpg 下穴が開いたら3mmのドリル刃に付け替えて穴を大きくします。 d1b738f3.jpg リーマーでジョイントが入るように穴の大きさを調整します。 (左手でカメラを持って撮影したので、本来は左手で蓋を押さえて作業します) f1928e1e.jpg ジョイントを入れる穴が開きました。 リーマーで削ったバリをカッターナイフで取り除いておきましょう。 abad5186.jpg エアチューブのジョイントにスリムチューブを差し込み適当な長さに切ります。 この時ジョイントの形状によりスリムチューブが入らない場合があります。 その場合はスリムチューブに付属のアダプターを使いジョイントに接続します。 cf19d05e.jpg こんな感じ。 3c114bdb.jpg edad0906.jpg 蓋に接続してみます。いい感じです。 空気漏れが起きないよう裏側を接着剤で目張りします。 完成~ヾ(*´∀`*)ノ d97b0f9e.jpg 費用 エアーチューブのジョイントなど自宅にあったものをかなり使ったので実際にかかったのは スリムチューブ 150円 ボトル 100円 自作魂 Priceless(笑) 以上です♪ 分かりづらい所やご質問などございましたら、左のお問い合わせフォームよりご連絡下さい。