うちには生まれつきや後天的な理由でハンデを持ってしまったコリさんが何匹か居ます。
ナポエンシスのナポさん。
 

99e788dc.jpg


















よく見て下さい。 尾ビレの下半分がありません。
 この子はうちに来た時は普通の健康なコリさんでした。

ある日見たら尾ビレの下半分がなくなった姿で泳いでいました。
とにもかくにも即隔離して観パラを2日、傷が塞がるまでニューグリーンFを薄めにして入れ 一命を取り留めました。
おそらく事故だと思いますが原因が分かりません。
とりあえず水槽のレイアウトを変えました。
この子には本当に申し訳ないです(;д;)

それでも、今日も元気に他のコリさんに負けず餌をモフっています。
 生きていてくれて良かった。

それから別の水槽には片目のない赤コリさんが3匹います。
この子たちはショップに来た時から片目がありませんでした。
でもお店は商品価値のないこの子たちを処分せず中~上層に住む魚の水槽でずっと飼育していました。
私もそのお店に行く度に「今日も元気だね」と挨拶をしていました。
私も少々ハンデのある人間なので、いつの間にか一生懸命生きている彼らに親近感が湧いていました。
 
それで決めました。
この子たちをうちにお迎えすると。
店員さんに言ったら困らせてしまいましたが、それでも頼み込んで譲って頂きました。
 片目コリさんもずっと元気でモフモフしてます。
 臆病ですぐ隠れてしまうのでなかなか写真が撮れませんが 餌の時はいつも群れの真ん中に出てきます。 ハンデがあっても生きていける。
 いつも彼らからそう元気を貰っています。 ありがとう。


 にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ
にほんブログ村